FC2ブログ
環境近視について
2009年05月31日 (日) | 編集 |
この春、学校の健診で視力低下が始めて分かったというお子様が、たくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

後天性のいわゆる環境近視は、長時間の勉強や読書、ゲーム、公園や広場が減少し、外で遊ぶ機会がなく、長時間のテレビやDVD鑑賞等、眼を酷使することが視力低下につながる主な原因だと考えられます。

では、どうすれば視力低下を未然に防ぐことができるのでしょうか。

まずは勉強や読書の距離を30㎝以上離して姿勢をまっすぐにし、時間は30分ごとに休憩を入れる。
休憩時には窓の外の景色をみたり、離れた場所にあるカレンダーの日付を凝視するのも効果的です。
ゲーム(DS・PSP・Wiiなど)は最大30分までに時間を抑えましょう。
そのほかにも、テレビやパソコン、照明やメガネの使い方等々、日常生活における注意点は会員の皆様はよくご理解いただけていることと思います。

極端な話になってしまいますが、メジャーリーガーのイチロー選手は、視力低下を防ぐ為にかなり努力をしているそうです。
本をあまり読まなかったり、テレビもほとんど見ない。すごいのは動体視力を鍛える為に、前方から近づいてくる車のナンバープレートの4桁の番号を瞬時に記憶し、足し算や引き算をするということをしているそうです。
そういう努力によって、150㎞前後の速球を意図も簡単に打ち返し、安打を量産しているのです。

視力の低下が始まってしまっても、まずは今以上低下をさせないよう、取り組んでいくことが大事だということを理解していただきたいと思います。
                                                        (横)


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お子さんの視力低下を知らされてショックを受けているお母さんに朗報です。 あの卓球の愛ちゃんや一流のプロスポーツ選手も採用しているという視力アップ法が売れに売れています。 ⇒ 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサ
2009/06/23(火) 21:34:57 | ありあんす