FC2ブログ
眼に良い食べ物
2009年06月24日 (水) | 編集 |
皆さんは好き嫌いせずにバランスの良い食事をしっかり取っていますか?
今日はどんな食べ物が眼に良いのか・偏った食事をしていると眼にどんな影響があるのかいくつかご紹介します。

インスタント食品・ファーストフードといった酸性食品。又、ケーキ・ジュース等の糖分を含む物ばかり食べていると、眼にどんな影響があるのでしょう?
酸性食品を取りすぎると眼球の形成に関係しているカルシウムの働きが鈍くなり、強膜の弾力が衰え眼球が球形から楕円形に変化する恐れがあります。
糖分を吸収する時にはビタミンB1が消費されますが、ビタミンB1が不足すると眼球の後方にある神経に炎症が生じやすく、視力の低下等の様々な悪影響を及ぼす可能性がありますので、偏った食事は控えましょう。

次に眼に良い食べ物としてブルーベリーが有名です。
私たちが「物を見ている」時、網膜にあるロドプシンという色素体が光の刺激を脳に伝えています。
眼を使っているとこのロドプシンは消費され段々減少していきます。
ブルーベリーの色素であるアントシアニンはロドプシンの再合成を手助けするので、疲れ目等に優れた効果があると言われています。
又、レバー・牛乳・ピーマンといった食材や、タコ・イカ等海の食材には眼球の形を維持する・眼にエネルギーを供給する働き等を助けるのに必要な栄養素、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・カルシウムが多く含まれているので眼の健康に効果的です。

今日、ご紹介した食べ物以外にも、たくさんの栄養素によって眼の健康は保たれていますので、何かに偏る事なく、バランスよく摂取する事が何より大切です。
好き嫌いなく何でも食べて、バランスの良い食事を取りましょう!

(所)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック