FC2ブログ
9割以上がPC利用などで「視力低下に不安あり」--「目の愛護デー」意識調査
2009年09月25日 (金) | 編集 |
10月10日は「目の愛護デー」です。昨年、神戸のある眼科で、「現代のライフスタイルにおける『目』環境に関する意識調査」が実施されました。調査の結果、インターネット利用などによって9割もの人が「現在のライフスタイルの中で、視力が低下する不安要素がある」と感じながらも、「視力低下の対策としてケアを特にしていない」人が約半数を超えるという実態が浮き彫りになりました。
(この調査は2008年9月26日~9月30日の期間で、関東・関西に住む20歳~49歳の会社員の男女600人を対象に行われたものです)

どんな要素があなたの視力低下の要因となっていると感じますか?の問いに
002.jpg


「視力低下に不安要素がある」との回答率が93.2%に上った中、どんな要素が視力低下の要因となっているかを複数回答で聞くと、1位は「PC(パソコン)利用(インターネット)」が89.8%と圧倒的な結果となり、次いで2位は「PC利用(その他)」(66.2%)、3位は「ゲーム」で(20.6%)。

視力が低下して困ることは何ですか?の問いには、
003.jpg


PCでのインターネットの1日平均利用時間は仕事での利用も踏まえて「2時間以上・4時間未満」(28.7%)が最も多く、この利用時間はインターネット以外のPC利用でも同様でした。また、「1年前と比較してPCを利用する時間が増えている」と答えた人は半数の50.7%。PC利用時間は増える一方の中で、視力が低下して困ることについては「仕事に関すること」が57.7%と最も多く、次に「経済的コストの負担」(43.3%)、「車の運転に関すること」(42.8%)が多くあがりました。

しかし、不安要素は有りながらも「視力低下の対策とケアをしていることはあるか」の問いに対して、51.8%が「特にしていない」と約半数に上り、一方で「目の休憩(遠くを見るなど)」(34.3%)、「眼のマッサージ」(19.3%)、「サプリメント」(15.5%)などに取り組む人もいるようです。視力回復手術への興味については66.7%が「興味あり」と回答し、39.4%が「検討したことがある」と、興味はあるが昨今の報道などもあり、慎重に考えている方々が多いようです。
004.jpg


さて、皆様はどのような視力低下の対策、ケアをしていますか?
弊社では視力回復トレーニング(室内凝視訓練法)を基本に、眼精疲労の緩快、機能改善に効果的なソニマック(超音波治療器)やリフレッシュ効果のあるアイトレーナー(視力回復機器)などを取り扱っております。
詳しくお知りになりたい方は、下記の各センターへ問い合わせ下さい。(新)


各センターはこちらから


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック