FC2ブログ
近視ではなくても・・・
2007年05月16日 (水) | 編集 |
遠視の目を持った小学生の会員さんのお話です。
その子はとても内向的で元気もなく、トレーニングをしていても頑張って目標物を見ようとしない子でした。
最初の1~2週間は「なぜ見えてこないんだろう・・・見えてもおかしくないはずなのに・・・」と思いつつ、こちらも心配しながらトレーニングを続けていました。

ところがある日、いつもの様にトレーニングをしていると、「先生、これ簡単すぎ!!」と、その子の声が。「もしかして!?」と思い、練習用の「わ」をどんどん小さくしても簡単に答えてしまいます。
今まで0.6の「わ」でトレーニングしていたのに、その日は1.5を答えてしまいました。
お母様も「そういえば最近宿題を終えるのも、すごく早くなったんですよ!以前は全然集中なんかしなかったのに。」とおっしゃっていました。

遠視は近くの作業がとても苦手で、目にも本人にも、かなりの負担がかかる目です。見る力が付いたことによって、宿題も楽にこなせるようになったのでしょう。
今ではその子は、センターでも他の子に負けないくらい元気な子になりました。私たちも、その子の力になれたことをとてもうれしく思います。

宿題や読書などになかなか集中できなかったり、近くの作業に目を使っていると、頭痛やだるさを訴えるお子様をお持ちのお母様、お父様。
もしかしたらお子様は遠視なのかもしれません。
一度チェックしてみてはいかがでしょうか?(錦)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
左目と右目の視力にどのくらいの差があると距離感に関わるのですか?左目と右目の視力にどのくらいの差があると距離感に関わるのですか?遠近感や立体感に関わる「深視力」が左目と右目の視力の差が関わっていると聞いたのですがどのぐらい差があると深視力に影響があるので
2007/07/02(月) 12:28:26 | 視力回復 レーシックの勧め
・遠視 調節を働かせない状態で、見たものの像が「網膜...
2007/07/04(水) 18:21:57 | 視力回復と視力治療 まずは自分で情報収集