FC2ブログ
冬休み中のすごしかた
2009年12月16日 (水) | 編集 |
もう直ぐで、待ちに待った冬休みですね。皆様はどのように過ごされますか?

冬休み中はクリスマスにお正月と、大人にとっても子供にとっても楽しみなイベントが目白押しです。
センターに来所される会員様もこの時期は皆楽しそうですが、私達には一つ心配事があります。
それは会員様の冬休みの過ごし方です。

希望とすれば、規則正しい生活を心掛けて、しっかり自宅トレーニングを行い、積極的に外出をして少しでも遠くの物を見て頂きたいのですが、毎年、ちゃんと出来ていない会員様もいますので、私達はこの時期、改めて生活改善の指導を行っています。
(特に今回の冬休みは、現在問題になっている新型インフルエンザの影響などもあり、室内で過ごす事が多くなると思いますので、その指導にも力が入ります。)

室内で過ごす時間が多くなると、自然とTVの視聴時間も長くなり(年末、年始は特番も増え、いつも以上に視聴時間が長くなりがちです)また、TVゲーム(DS・Wiiなど)やパソコン・マンガ・携帯・読書といった、近業量が一気に増えます。
何も対策を考えずに眼を酷使すれば、近視・遠視・乱視等の進行に拍車をかけ、年明けには予想以上に視力が低下している事もあり、とても心配です。
目を一杯使った後には、眼へのケアをしっかり行って頂きたいものです。

そこで当センターでは、その対策としてソニマックやPC・TVフィルターなどの低下予防の商品をお勧めしています。

ソニマックとは、眼適応超音波治療器で、1日1回10分の投射により、偽近視と眼精疲労を緩和させるので、その日その日に発生する疲労を取り除き、近視の進行を予防する治療器です。
会員様やそのご家族の方がご来所の際、ソニマックを試してもらったところ、皆さん普段から目が疲れているということもあって、「目の疲れが取れて、凄くスッキリした!」と、大変好評を得ています。

PC・TVフィルターは、VDT障害(目の疲れ・かすみ・ドライアイ・肩こり・背中の痛み・イライラ・不安感など)の要因となる画面からの有害光線、(可視光線・紫外線・電磁波・静電気等)をシャットアウトします。
PCの時間が長い方、TVを見る際に距離が取れない、視聴時間が長い方には目の保護と視力の低下予防に有効です。
当センターに通われている会員様(特に社会人の方)には大変好評で、「長時間PCを使用しても、目の疲れ・痛み・だるさが以前と全然違う、肩こりやイライラ感がだいぶ和らいだ」と、多くの意見を頂いていまして、ご自宅だけでなく職場でも使用されている方も大勢います。

是非一度、この冬休みからソニマックやPC・TVフィルターを使用してみてはいかがでしょうか?

詳しくお知りになりたい方は、ご希望のセンターまでご連絡下さい。(渋)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック