FC2ブログ
夏休み終了へ
2010年08月26日 (木) | 編集 |
学生の皆さん、もう夏休みも終わりますね。

今年は充実した夏を過ごせましたか?

センターでは、この1ヶ月、たくさんの会員さんが、視力回復のために集中してトレーニングに通われていました。通って訓練した本人はもちろん、付き添って来て頂いたご両親、ご兄弟、会員の祖父母の方々、本当にお疲れさまでした!!

やはり、この夏休みに一生懸命トレーニングした子達は、調子良く回復されていました。

中には、来年受験をひかえて、塾など勉強に忙しい中、トレーニングを頑張っている子達もいます。
まず、低下を予防し、「今よりも視力を下げたくない!」と、少しでもトレーニングを頑張り、視力を回復・維持させている姿に、トレーニングする時間がなくても、少しでも良くしたいという気持ちで取り組むことが大切だと改めて感じました。

学校が始まると、思うようにトレーニングする時間が取れなくなる人もいると思います。
今の頑張りが、将来の近視の進行の抑制につながります。
初心の「視力を少しでも良くしたい」という気持ちを忘れずに、トレーニングと目の健康体操や、超音波治療器ソニマックなど、最大限に駆使して今後も頑張りましょう!!

センターでも、皆さんの視力回復を全力でサポートしていきます★


早速、疲れ目に効く”ツボ”をご紹介します。

目のまわりには、たくさんの”ツボ”があります。このツボを刺激(指圧)し、疲れ目や頭痛を改善に役立てて頂きたいと思います。

1.攅竹(さんちく)
  眉毛の鼻側のところで、目の疲れ、頭痛、めまいなどに効果があります。
2.魚腰(ぎょよう)
  眉毛の中央にあり、目をスッキリさせる作用があります。目の周りがピクピクするなどの症状に効果が
 あります。
3.絲竹空(しちくくう)
  眉毛の一番外側(すこしくぼんでいる所)にあり、目の疲れやめまい、目の充血などに効果があります。 
4.晴明(せいめい)
  目頭と鼻のあいだのくぼみにあり、目の疲れや頭痛、風邪の症状(鼻水・鼻づまり)に効果があります。
5.承泣(しょうきゅう)
  目の下のくぼみにあり、目の疲れや涙目、かすみ目などに効果があります。
6.瞳子りょう(どうし)
  目尻から親指1つ分位外側にあり、目の疲れ、目の充血やかすみ目、頭痛に効果があります。
7.太陽
  目尻からもみあげの間にあるくぼみで、精神を安定させ、脳をすっきりさせます。眼精疲労や頭痛、
 歯の痛みにも効果があります。
untitled.gif


●ツボの押さえ方
とくに順番はないので、一箇所につき7~8回程度を親指で押してください。最初は軽く押さえるのがポイントです。慣れてきたら、少し力を入れて痛くない程度に押さえましょう。

両目を同時に行っても良いですが、慣れるまでは片目ずつ行いましょう。

ツボを刺激する際は、いすに座って深く3回深呼吸して、リラックスした状態で行うのが効果的です。

※実際の効果には個人差があります。(藤)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらから



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック