FC2ブログ
3DSについて
2011年01月20日 (木) | 編集 |
近年、映画やテレビ・携帯など3D対応のものが主流になりつつあります。
更に、来月には3DSも発売される予定です。
すでに、購入を考えられている方も多いのではないでしょうか。


今、ネット上などで3D映像が、
(左右の目に異なる映像を見せることで、奥行きのある立体映像を得られるという仕組み)
目の発育を妨げるということで論議されていますが、今のところ
明確な結論が出ていないのが実状です。


しかし、3Dが世に普及して期間が浅いため、
まだ、たくさんの症例が有るわけではない事や、製造元でも、6歳以下のお子様は
長時間見続けると悪影響を与えるとし、【ペアレンタルコントロール※】を搭載し、
(※親が監視して制限する取組み、ゲーム機で遊ぶ時間の制限)
2Dへの切換えが出来るように配慮されているのです。


当然、DSは近くを見るため目にとって負担になります。
また、3D映像は脳で画像を処理しながら見るものなので、目と同時に脳も疲れてしまいます。
従来のポータブルゲームよりも、疲労や負担が大きくなるのは予測出来ます。
今まで以上に、時間や休憩などの管理をする必要があります。
お子様任せではなく、ご家庭での約束事を決めてみてはいかがでしょうか。(西)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック