FC2ブログ
あなたの姿勢は良いですか?
2011年03月09日 (水) | 編集 |
姿勢が悪いと、視力に悪影響を与えてしまいます。
その理由は、“目と見ている物の距離が近づいてしまうため”です。

近くを見る時、目の筋肉は緊張します。
姿勢が悪いと、さらに眼との距離が近くなり、
(毛様体筋という)目の筋肉がより一層緊張します。
この状態が長く続くことによって近視は進行してしまいます。
(毛様体筋の)緊張をできるだけ少なくするために、姿勢を正して、
目と本や画面との距離は30~40センチ以上に保ったほうがいいのです。

例えば、机やキーボードに手を置いたときに、ひじが90度に曲がるくらいにすると、
目も離れられ、腕や肩の緊張もしにくい姿勢になり、肩こりや頭痛の予防策となります。
体に余計な力が入っていると、その場では気にならなくても、長い年月がたつと、
疲労が蓄積し、充血、眼精疲労の原因となります。

また、片方の眼だけが特に本や画面から近いと、その眼の疲労がはなはだしくなり、
左右での視力の差がある(不同視という目の)状態になるおそれがあります。

一番心配なのはゲーム機で遊んでいるときです。
とくに最近は、DSやPSPなどの携帯型ゲーム機が普及してきて、
ゲームの画面を見る子供や大人が増えています。
テレビゲームだと、そういう心配はあまりないかもしれませんが、
手で持てるゲーム機の場合は、姿勢が悪くなったり、距離が近くなりやすいです。
また、集中しすぎて時間を忘れやすいため、さらに眼精疲労がたまる・視力が低下する
原因となりやすいので要注意です。

早速今から良い姿勢を意識してみてください。

姿勢が良いと血液が脳にも十分回って記憶力も良くなるとか・・・(崎)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック