FC2ブログ
犬の視力
2011年03月15日 (火) | 編集 |
は一般的に近くの物の方が良く見える近視眼であると言われているのはご存知でしょうか

 近くの小さな物を見るには人間の正視と言われる人に比べ、必要な距離の10分の1くらいに近寄らないと見えないらしいです。距離でたとえるなら2メートルくらいの物しかハッキリ見ることができないようです


犬が一般的に近視と言われる根拠は、もともとピントを合わせる力が弱く、水晶体の厚さが人間は約4ミリに対して犬はその倍の8ミリもあることからそのように言われています。
 
 ただし、なかには、視力の良い、視覚獣猟犬(サイト・ハウンド)と呼ばれている犬種もいるようです。

 犬の視力は種類によりかなり差があるみたいですね。

 視力のお話のついでに、犬は夜目が利くという特徴があります人間に比べ、暗い場所でも良く見えるようです

 その理由としましては、人間よりも瞳孔を大きく広げ、多くの光を取り込み、杆状体という光を感知する細胞が7~8倍もある為といわれているからです

 また、犬用のコンタクトレンズもあるらしく、犬にとっても眼という器官は大事なところなんですね

 ただ、犬は視力というよりも、人間の1000倍~1億倍も優れているといわれる嗅覚を生かして行動する事の方が多いでしょうね(山)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターへの資料請求はこちらからどうぞ!!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック