FC2ブログ
気になる…3Dテレビ
2011年07月01日 (金) | 編集 |
映画館やテレビ、携帯ゲームなどで身近に3Dを楽しめるようになりましたね。

正直…どうなんだろう??と
まだまだ気になっている方もいらしゃるのではないでしょうか。

今回は、3Dテレビを見る際に気をつけて欲しい点を3つお話します。

①「寝転んで見ないようにする
 
 3D映像は、正面から見ることを想定して作られています。
 斜め見をすると、左右の目に映る映像の上下の差が大きくなり、
 映像の融合が困難になるため、眼精疲労を引き起こす可能性があります。

②「気分が悪くなったら、視聴を中断
 
 立体観察による眼精疲労や不快感の自覚症状として次のようなことがあげられます。
 
 目が疲れる、二重に見える、目が乾く、頭痛、肩凝り、吐き気、めまい等
 これらの症状を感じたら、視聴を中断しましょう。

③「子供(特に6歳未満)が見る時は、大人の管理が必要
 
 子供は、立体視機能が十分に発達していないことや
 両目の感覚が狭いことから、
 立体ではなく二重に見える場合があります。
 そのため、気分が悪くなることがありますが、
 違和感を伝えられなかったり、映像の珍しさから長時間見続けたりと
 心配がありますので確認してあげましょう。

こまめに、休憩を入れることもお忘れなく   (塚)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック