FC2ブログ
ビタミンAは、食べる目薬
2012年04月11日 (水) | 編集 |
ビタミンAは、なぜ眼に良いのか?

ビタミンAには、β-カロチンとレチノ-ルの2種類があり、
眼の表面の角膜や粘膜を健康に保つ働きがあります。

網膜の色素体「ロドプシン」の主成分も、ビタミンAです。

β-カロチンを多く含む食品・・・うなぎ、レバー、銀だらなど

レチノ-ルを多く含む食品・・・人参、春菊、ほうれん草など

※油と一緒に摂ると、吸収率が上がります※

眼にも美味しいレシピを、1つご紹介します
ぜひ、試してみてください



【人参ピラフ】
〔材料〕
米3カップ・固形スープ1個・人参(大)1本・玉ねぎ1個
さやえんどう少々・薄切り豚肉100g・塩お好み・コショウ少々
サラダ油 大さじ2

①米を洗い、ざるに上げておく。
②人参をおろし金で、すりおろす。
 豚肉は、食べやすいサイズに切る。
 玉ねぎは、みじん切りにする。
③サラダ油 大さじ1で、②の材料を炒め、軽く塩コショウする。
④さらに、サラダ油 大さじ1を足して①を加え炒める。
⑤水3カップ、塩、固形スープを入れて
 炊飯器で通常通り炊く。
⑥炊き上がったら、さやえんどうを加えて出来上がり



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




 



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ビタミンAは、なぜ眼に良いのか?ビタミンAには、β-カロチンとレチノ-ルの2種類があり、眼の表面の角膜働きがあります。網膜の色素体「ロドプシン」の主成分も、ビタミンAです。β-カロチンを多く含む食品・・・うなぎ、レバー、銀だらなどレチ...
2012/04/11(水) 11:11:17 | まとめwoネタ速suru