FC2ブログ
熱中症
2012年07月11日 (水) | 編集 |
子どもは遊びなどに夢中になっていると、炎天下の下でも平気です。
水分も促さないとなかなか摂らない子もいます。
温度の高い時期には特に注意が必要です。

熱中症は子どもだけでなく大人も注意が必要です。
熱中症で亡くなられる人がいることはよく知られていることと思います。

熱中症とは
暑熱環境下、運動などで体内の熱が上がった時に発症します。


日頃から気をつけること
〇睡眠時間をしっかりとる
〇しっかりご飯を食べる
〇外に出るときは帽子をかぶる
〇外に出歩く時は、水筒を持ち歩き喉がかわく前に飲むようにする
〇炎天下に車を駐車していると、車内は50度以上となります。
車内に小さな子どもだけ置いて車から離れることはやめましょう。
〇体調の悪い時は無理をさせない。


子どもの様子から熱中症を判断する
・顔色が悪い
・不機嫌
・喉が渇いている
・脱力しているようである
・発汗が多い
・尿量が少ない

 
熱中症かなと思ったら
・衣服をゆるめて楽にする。
・風とおしのいい日陰か冷房の効いたところへ
・冷たい濡れタオルでわきの下や足の付け根を冷やす
・自分で飲めるようなら水分を補給。。
・回復しそうにないと思ったら病院へ。


以上のポイントに注意して、この夏を少しでも快適に乗り切りましょう! (入)
nettyuusyou




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック