FC2ブログ
忘れられない会員さん
2008年04月18日 (金) | 編集 |
ずいぶん前のことですが、20代の女性の方がカウンセリングに来られました。目の状態は右0.2・左0.3でどちらも近視性乱視でした。
話を聞くと「4ヵ月後に自動車の免許取得、6ヵ月後には結婚」との事。「それまでにメガネがいらないようにしたい」それに対して「回復は十分に見込めるが時間が・・・・」と答えると、「後悔しないようにやれることは全部やってみたい」という事になり、トレーニングのスタートとなりました。

センターには必ず週に1回は来て、自宅では毎日20分間トレーニングを頑張った結果、見事裸眼で免許を取得。結婚式の1週間前には、右0.8・左0.9で両目で測ると1.0~1.2とこちらがビックリするほどの回復でした。
それから半年後に一度来られましたが回復時と変わっておらず、お礼を言われましたが、こちらの方が「ありがとう」という気持ちでした。

年齢や生活環境・もちろん遺伝の問題など一概には簡単に「回復」という言葉は使えませんが、こんな体験をさせてくれたからこそ、今もこの仕事に頑張れていると思います。
いま来られている全ての人達が、もっともっとよい状態になっていくよう願っています。(光)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック