FC2ブログ
目薬について
2013年03月06日 (水) | 編集 |
『目薬』は、病院で医師が症状を改善させるために用いる病気の予防・治療用のものと、
一般に薬局やドラッグストアで購入できるものまで様々な種類があります。
今日はそういった目薬についてご紹介したいと思います。

市販されている目薬のほとんどは、目の充血を抑える目的の目薬となります。
点眼することで目が潤い、適度な刺激と清涼感が得られるものが多くあります。
ただ、市販されているものの殆どは防腐剤が使われており規定の使用回数以上に
点眼することで涙の油膜を壊してしまう可能性もあるようです。
またコンタクトレンズ使用中にコンタクト専用以外の目薬を使用することで
成分の影響でレンズが曇ったり、変形することもありますので注意して下さい。

市販されているもの以外は眼科医の処方による目薬となります。
これらは基本的に医師の指導を守っていれば安全です。
が、指導された方法を守らずに使用した場合には
含有成分がステロイドなどの作用が強いものが多い為に
致命的な症状を引き起こすこともありますので十分気をつけて下さい。

この時期は花粉症などの影響で目薬を使用される方も多いと思いますが
しっかり使用説明書を読み点眼するようにして下さい。
(西)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック