FC2ブログ
コンタクトレンズを入れていた猫
2013年11月01日 (金) | 編集 |
一般にコンタクトレンズは視力補正用として認識されていますが、場合によっては
逆まつ毛により角膜を傷つけてしまうのを防止したりと別な用途に使用されることも
あります。


そして、人間だけではなく、動物もコンタクトレンズを使用することがあるようです。

15歳の猫、アーネストは眼瞼内反(がんけんないはん)という症状が出て、まぶたが
内側にめくれてしまい眼球を傷つけていました。まぶたの手術をすれば治るのですが、
15歳という高齢から麻酔に耐えられない可能性があったため手の施しようがなかった
そうです。そこで獣医さんが猫用のコンタクトレンズを入れて眼球を保護、まぶたと
眼球が直接触れないようにしたためアーネストは手術をすることなく回復したそうです。


cl 猫 01

人間と同じようにレンズを入れて



cl 猫 02

見た目もさほど違和感がありません。


猫の目は喧嘩の傷や、風邪などによって簡単に炎症を起こし、場合によっては
失明してしまうこともあるようです。
このアーネストという猫、失明の危機を免れることができてよかったですね。



gigazine コンタクトレンズのおかげで盲目にならずに済んだ猫  を参考にさせていただきました (植)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック