FC2ブログ
目やに(目脂)
2013年11月18日 (月) | 編集 |
目やにとは、目から出る分泌物です。

結膜や角膜上皮から分泌されているムチンを主成分とする粘液に、涙や血管から漏れた血液細胞、まぶたからの老廃物・ほこりなどが混じったものでできているそうです

朝に目やにが見られる事が多い理由は、通常、まばたきによって涙とともに目頭の涙嚢に洗い流されているが、睡眠中にはこの作用がないため、起床時には健常者でも目頭や目尻に少量の乾いた目やにが付着していることがあります
この為、朝の目やには誰にでも出るものです

しかし大量の目やにが出たり、色がおかしい、膿が混じるなどの異常が見られたりした場合には、結膜炎・涙嚢炎・鼻涙管狭窄・さかまつげなどによる角膜炎・ドライアイなど、様々な眼疾患の可能性があるので医師に相談した方が良いでしょう

ここでは、日常生活で簡単にできる予防法をご紹介します。

部屋をこまめに掃除し清潔に保つ


花粉、ハウスダスト対策は、部屋の掃除をこまめに行うことや通気を良くすることが大切です
ただし、花粉を外から室内に持ち込まないためにも、花粉の時期に窓を開けたり洗濯物を外に干すことは避けましょう。ダニの繁殖を防ぐために、カーペットは敷くのを止めるか、こまめに掃除機をかけたり時々丸洗いすることをおすすめします

細菌やウイルスから目を守る
(1)手で目をこすらない
(2)帰宅後はよく手を洗う
(3)結膜炎にかかっている人とタオルなどの生活用品は別々にする
(4)プールから出たらよく洗眼し、目薬をさすなどして、細菌やウイルスから目を守りましょう

原因はこれらだけではありませんが、簡単なことなので少し意識してみましょう。

ちなみにムチンという物質は山芋や昆布、ウナギなどに含まれているネバネバとした物質と同じらしいですムチンは眼球の表面をはじめ、口の中や鼻の中、果ては胃や腸にまで存在し、人の体を守っているのです
人の体に山芋と同じ成分が存在するなんて、意外ですねやま



                 35.jpg

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック