FC2ブログ
目と栄養の関係
2008年07月16日 (水) | 編集 |
最近、食べものの好き嫌いや偏食の多い子供が増えてきていますが、目にとっても栄養のバランスはすごく大事です。
栄養のバランスが崩れると、視力低下につながりやすくなります。

糖分の採りすぎにより虫歯同様に近視になりやすいという結果が報告されています。
糖分が、視神経に良いとされるビタミンB1(豚肉・強化米・春菊など)を大量に消費してしまいます。

目の中にあるレンズの役割を果たしている水晶体には、ビタミンC(レモン・いちごなど)、目の奥にあるスクリーンの役割を果たしている網膜には、ビタミンA・ブルーベリー(レバー・うなぎ・にんじん・ブルーベリーなど)、眼球全体を支えていろ強膜(白目の部分)にはカルシウム(小魚・ひじき・チーズ・ヨーグルトなど)が良いとされています。

子供たちの目のためにも、バランスの良い食生活を心がけていただきたいと思います。(都)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック