FC2ブログ
視力0.1以下の選手が裸眼でサッカーに挑戦する「U-0.1選手権」
2014年01月31日 (金) | 編集 |
サッカーのテクニックと視力には一体どれくらい関連性があるのでしょう? 
視力0.1以下の選手にあえて裸眼でプレイしてもらう「U0.1選手権」という
動画が公開されています。
試合前には普段の華麗なプレイ映像とともに「フットボールは感覚でプレイ
するもんだろ」「俺を誰だと思ってるんだ?」と自信満々の選手たちですが……。




キックオフ前から既に目を細めてピッチを見つめている選手たち。
案の定、いざ試合が始まってみると、ボレーやヘディングはことごとく
空振りとなり、スローインではラインをはみ出し、スライディングは
あさっての方向に滑っていくなどだいぶカオスなことになっています。
真剣そのものの表情でプレイしているのにミスを連発してしまう選手たち。
試合後のインタビューでは「ごめんナメてたよ」「こんな大会出るんじゃ
なかった」とがっかりしています。

センターにも沢山のサッカー少年が来所されてますが、やっぱり運動するのに
視力は良いに越したことは有りませんよね~
勉強に遊びに忙しい中の毎日のトレーニングは大変かとは思いますが、
少しでも視力の向上、安定を目標にすることで運動の質も向上するかもしれませんね。
運動と同じく、毎日の積み重ねがトレーニングも大切です。
毎日コツコツと頑張りましょう~(タマ)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック