FC2ブログ
日本は目の検診率 最下位??
2014年02月10日 (月) | 編集 |
日本を含む世界11カ国(ブラジル、中国、ドイツ、フランス、インド、イタリア、日本、ロシア、スペイン、イギリス、アメリカ)の1万1,000人を対象に、目の健康に関する意識と習慣について調査を実施。

まず、目の定期健診について調査した結果・・・

定期的に目の検診を受けていると回答した日本人は49%と、調査対象国の中で最下位という結果になった。さらに過去2年間に目の検査を受けた人の割合も、ロシアの53%に次ぐ56%という低さであることが判明しました。

日本の眼科の検診率が低いことについて、
「日本は眼科のかかりつけ医がいない率が86%と世界的に見ても割合は高い」
「目の検診の重要性が理解されていない」
「日本人は家計への配慮から目の健康をおろそかにしがち」という3点を理由に挙げています。

今回の調査で、日本人は「目の検診の重要性が理解されていない」ことが浮き彫りとなりました。

例として目の診察は「最重要項目ではない」と答える率が81%と調査国の中で位。

「(診察を受ける)時間がない」と回答した率も、ロシアに次いで番目。

さらに「肥満と目の健康の関連性について知らなかった」「喫煙と目の健康の関連性について知らなかった」と回答する割合も高く、反対に「目の健康についてよく知っている」と回答した率は調査国中、最も低くわずか4%でした。
眼科検診についての調査では、「眼科検診の費用が高すぎる」と回答した割合は、日本人が位で、「(眼科検診に)お金を使いたくない」と回答した割合は62%。これは調査国中ダントツの位。

費用の問題もありますが、眼科に行かない理由の中には、『眼科は目の病気が専門のため、近視・遠視・乱視・弱視については特別な治療がなく、メガネやコンタクトを勧められるだけなので、どうしても検診に行きたくない』という声も多いようです。
結局は、視力矯正(メガネ作成)の時しか、眼科には行かないという人がほとんどのようですね。

日本の学校では、視力検診は多くて年2回。しかし、まだまだ年に1回というところが多いようです。
(社会人になると、年1回あれば良いほうでしょう。)近年、これだけ視力低下の年齢化が進んでいる事を考えると、本来ならば年2回でも足りないくらいです。
そうなると、自分やお子様の目を守るためには、学校以外の専門機関で定期健診を受けることが大切です。
会員さまのご家族で、視力が気になる方がおられましたら、いつでもセンター所員にお申し出下さい。

また、目の病気についても・・・
北海道大学特任教授の大近年重昭先生は、目の定期健診について「自覚症状が無くても、定期健診で発見される目の病気には白内障や緑内障がある。
緑内障は放っておけば失明の可能性もある疾患だが、自覚症状がなくても目の検査によって早期発見が可能
『定期的なアイ・チェックを心がけてほしい』とコメントしています。《久》

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック