FC2ブログ
忘年会シーズン
2014年12月03日 (水) | 編集 |
そろそろ年末の雰囲気が漂う季節となりました。

忘年会の予定も沢山あると思いますが、内蔵に負担を掛けない「食べ方・飲み方」に注意してみましょう。

yjimage_2014120319265921c.jpg

ここが肝心!!内臓に負担を掛け過ぎない食べ方・飲み方

①自分の適量を知る
②休肝日を作る
③チャンポンは悪酔いのもと
④空腹で飲まない
⑤お酒と食べすぎにも注意
⑥酒の肴に揚げ物(油っぽいもの)注意

 例えば、お勧めの肴として、定番の枝豆は必死アミノ酸を多く含むたんぱく質を含み、悪酔いや二日酔いを防ぐビタミンCも豊富です。
 又、高タンパクの魚介類には、肝臓にやさしい食品が多く、牡蛎やほたてなどの貝は、アルコールの分解を助け、イカやタコには、タウリンが多く含まれています。

 バランスの良い食事と適度なお酒でこの一年を楽しく締めくくってください。
(小)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック