FC2ブログ
 牡蛎とほうれん草の冬スープ
2015年01月20日 (火) | 編集 |
<寒い夜にぴったりのスープです。
に良いとされるルテインも豊富に含まれるほうれん草を使ったスープです。


材料: (3人分) 牡蠣(冷凍) 約300g
白菜 3枚
ちぢみほうれん草(ほうれん草可) 2束(本)
野菜コンソメ(茅乃舎の野菜だし) 400ml
牛乳 400ml
☆片栗粉 大さじ1杯
☆水 大さじ1杯
fd03971d932676de5a498f5a03343b43.jpg
作り方
1. 白菜は白い部分と葉の部分に分け、白い部分は一口大のそぎ切り、葉の部分はざく切りにしておく
2. ちぢみほうれん草は、茎と葉の部分に切り分けておく
3. 鍋に野菜コンソメと白菜の白い部分を入れて加熱し、沸騰したら弱火にし、白菜が透き通るまで煮込む
4. 白菜の葉の部分とほうれん草の茎を加えてさらにしんなりするまで煮込む
5. 牡蠣を流水で半解凍して4に加え、牛乳・ほうれん草の葉を加えてさっと煮込み、☆を合わせた水溶き片栗粉でとろみをつける
6. 器に盛り付け、ブラックペッパーをガリゴリ振ったら、出来上がり!


ルテインは、
リスクを減らす実験結果がある:加齢黄斑変性、白内障
黄斑変性症を防ぐ効果があるとされています。ルテインには抗酸化作用により、老化による活性酸素を排除する働きがあります。
また、目にダメージを与える青色の光を黄色で吸収するため、目を守るフィルターの役割も行ってくれます。
ルテインを多く含む食材:ほうれん草、ケール、キャベツ、レタス、ブロッコリー

○ルテインが100mg中最大豊富なのは
ケール:21.90mg
ほうれん草:10.2mg

 (小)
近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック