FC2ブログ
冬場の目の乾燥は大敵
2015年02月06日 (金) | 編集 |
この時期は、エアコンや暖房器具で部屋を暖めます。
特にオフィスなどは、エアコンをガンガンにかけて暖めていますが、
意外に乾燥対策はなされていないところが多いようです!

家の中だと加湿器で湿度を保って、乾燥しすぎないように
防ぐことも可能ですが、オフィスなどではなかなか難しいですね。

しかし、目を乾燥させてしまうのは、見づらさの元になります。

目が乾くと、目に入ってくるゴミなどから目を守るための涙が不足する状態となり、(目がかゆい時に)こすると直接目に傷がついてしまいます。また、目が乾いた状態が続くと、目の疲労度が上がり、充血がひどくなることもあります。

冬場は眼が傷みやすいため、下記のような対策も考えてみてください。

エアコンの風対策
エアコンの前に突っ張り棒をうまく利用してひっかけられるようにし、
そこに湿らせたタオルをかけておいて、エアコンの風が直接目に入らないようにします。
このタオルは洗い終えた洗濯物でもいいのです。部屋の保湿も同時に行えて便利です。

職場では・・・ 定番ですがやはり加湿器が必須
大きな加湿器をオフィスに置くのはちょっと……という場合におすすめなのが、机の上に置けるタイプの小さな加湿器。簡単にペットボトルで使えるものから、最近はお洒落な✨ものまで種類も豊富です。手軽に使えるのが魅力です。小さくても目や肌の乾燥は断然に減ります!

仕事中や外出先では目薬で潤いを!
風が強い日は目薬を携帯して!
乾燥して少なくなった涙液を点眼薬で補給しましょう。
このとき、薬局の薬剤師さんに相談して、防腐剤の入っていないタイプの目薬を選びましょう。

外出時や、仕事中など、上手に目薬を使って乾燥を防いで、目の疲れを予防してくださいね!(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック