FC2ブログ
飛び出す絵本
2008年10月24日 (金) | 編集 |
先日、書店で偶然飛び出す絵本というものを見つけました。
タイトルは、「恐竜時代」。

なんだろうと思いページを開くと、びっくり!恐竜が大きな口をあけて飛び出してくるのです!
よく見るとティラノザウルス。まるで生きているかのよう私をにらみ、そのまま食べようとしてきました!

いや、そう思わせるほどの迫力だったのです。
それだけでなく、色使いが鮮やかで、細かい部分まで繊細に作られています。

作者はロバート・サブタさんという方。
他にも、「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」などをテーマにした飛び出す絵本を作られているみたいです。

絵本っていいですね。

思わず感動してしまいました。

ゲームやテレビの普及で、本に触れる機会がどんどん失われていく現代。
大人も子供もこういった絵本を通じて想像力を豊かに出来ればいいなと感じました。

ちなみに私は、ロバート・サブタさん作の「クリスマス」という飛び出す絵本を購入しました。
私自身、飛び出す絵本作りにも挑戦するつもりです。

もちろん近業時間には気をつけますよ!

みなさんも30分に一度は目の体操をし、遠方凝視をしましょう。
また近業時は、出来れば勉強メガネ(視力低下予防メガネ)をかけて、目を疲れにくくさせたいですね。

*勉強メガネは使える方、使えない方いらっしゃいますので、詳しくはセンター所員までどうぞ。(大)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック