FC2ブログ
視力検査の季節です
2015年05月05日 (火) | 編集 |
新学期が始まり、そろそろ視力検査も行われているのではないでしょうか??

今回は、視力検査で使われている、アルファベットのCのようなマークについてのお話です。

誰でも一度は見たことがあるはずの、このマーク。
実はランドルト環といい、世界共通の視力検査用の記号なのです。
(ランドルトは、19世紀後半から20世紀初頭のフランスの眼科医)

視力は確認できる最小視角の逆数で表され、1分の視角を確認できる能力を、視力1.0といいます。
(1分は角度を表す単位で、1度の60分の1の角度)

例えば、確認できる最小視角が2分なら視力は1÷2で0.5、10分なら1÷10で0.1ということです。

ふつう視力検査は、視力表から5メートル離れて行います。

視力表で視力1.0に該当するランドルト環は、高さ7.5ミリ、文字の太さ1.5ミリ、文字の切れ目部分の幅1.5ミリです。

この「文字の切れ目部分の幅1.5ミリ」がちょうど、5メートル離れたところからの視角1分に相当します。


5メートル離れたところから、この文字の切れ目を確認できれば(ランドルト環の向きがわかれば)、
1.0の視力があることになります。

ちなみに、視力0.5用のランドルト環の大きさは1.0用の2倍、0.2用は5倍、
視力表の一番上にある0.1用は1.0用の10倍の大きさです。


視力検査で一番上のランドルト環の向きがわからないときは、「その線まで前に出て」といわれて
測定することになります。

もし4メートルまで近寄って0.1用のランドルト環の向きがわかれば視力は0.08、3メートルでわかれば0.06ということです。

実際の視力検査では、ランドルト環以外に、日本ではひらがなやカタカナも使われていますし、
外国ではアルファベットのEなどが使われています。


学校などの検査は授業に支障がないかを調べる場合が多いので、あまり正確とは
言えません。
よってAだから、1.0だからといって油断が出来ないのも事実です。
少しでもおかしいな??!と思ったら早めの対応が回付にも予防にも効果的です。

センターでは『視力回復見込みチェック』(1,080円)を行っていますので、ご希望の
センターまでお気軽にご連絡ください。
尚、この時期、週末はかなり込み合いますので、週末の見込みチェックを
ご希望の場合、お早めにご連絡お願いいたします。(玉)

chec.jpg



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック