FC2ブログ
食べ過ぎ注意
2015年08月14日 (金) | 編集 |
毎日、うだるような暑い日が続いていますね。気がついたら、ついついアイスに手が伸びてしまっているなんて事はありませんか?

実は、糖分(砂糖)を多量に摂取しすぎてしまうと、目の健康バランスが崩れると言われています。
これは糖分が体内で代謝されるときに、ビタミンB1を消耗させることによって起こります。このビタミンB1こそ、目の疲れを軽減させる働きをしているのです。糖分を取り過ぎることによって、糖質代謝にビタミンB1が使われてしまい、目の健康を維持するための栄養素が不足してしまうのです。(他にも、ビタミンB1が不足すると体調不良やイライラ、胃腸の働きの低下などが起こります。)

また、糖分の過剰摂取が原因とされることで有名な成人病が、糖尿病。
一見、目とは関係ない病気のように感じますが、『糖尿病性網膜症』という病気があり、糖尿病3大合併症の1つと言われています。糖代謝異常に伴う眼の網膜などに各種変化をきたし、視力低下を認め、現在成人の中途失明の第1位をなんだそうです。
こちらは内科的治療を行いつつ、眼科でも定期的に治療を行うことになります。ただ、治療はあくまで進行抑制であって、症状を改善させる治療ではないそうです。

糖分を摂取するなら、ぜひビタミンB1を多く含む食品も一緒に摂りましょう!!先日のブログでも紹介がありましたが、ビタミンB1は「うなぎ」「豚肉」「レバー」「玄米」「にんにく」「ピーナッツ」などに多く含まれます。目だけでなく、身体のためにも積極的に摂取して、バランスを保つように調整してみて下さい☆(カシ)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック