FC2ブログ
受験シーズン到来 !
2008年12月06日 (土) | 編集 |
受験生の皆さんにとっては、いよいよ追い込みで大変な時期になってきましたね。

さて、以前、高校受験を控えた中学3年生の方が来所された時のことです。
この方の眼の状態は、右目と左目の視力が違う近視性不同視でした。
不同視は、遠くをみる時はいい方の眼に頼って、近くを見る時は悪い方の眼に頼っているので、受験の近業を続けると、どんどん差が開いていくというケースの眼です。

話しを伺ってみると、入試が終わったら早速センターに通い、トレーニングに取り掛かりたいが、受験が終わるまでは通えないと。ただ、ご両親とご本人の気持ちとしては、それでも悪くしたくない、どうにかならないかということだったので、先ずは視力回復サポートメガネとソニマックを購入され、受験が終わるまでは自宅で低下予防に取り組むことになりました。

視力回復サポートメガネとは、視力を矯正することが目的のメガネではなく、凸レンズを用いて、近くの作業で使用することで、近業における視力の低下を予防することを目的としたものです。
勉強や読書、パソコンやDSなどの手元で作業をすることが多い方や、姿勢が悪く、目が近くなるという方には目の保護と視力の低下予防に有効な手段です。
ソニマックは、眼適応超音波治療器で、1日1回10分の投射により、偽近視と眼精疲労を緩和させるので、その日その日に発生する近視を取り除き、近視の進行を予防して、また、目の疲れも取り除いていくというものです。
ご来所の際、本人にソニマックを試してもらったところ、普段から目が疲れているということもあって、「疲れが取れて、すっごくスッキリした!」と大変喜んでいました!(^^)!。

これから、受験を迎える方は、サポートメガネやソニマックは目の健康維持におすすめです。
また、受験生のみならず、近業時間の多い方は是非一度、体験されてみてください。
(但し、使用出来ない目の方もいるので、まずは所員までお気軽にお尋ねください。)

いつまでも、自分自身の眼は大切にしたいですね。
                                             (都)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。










トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック