疲れ目を解消する方法は?
2016年08月09日 (火) | 編集 |
皆さんは目が疲れた時は冷やしますか。
それとも温めますか。

どちらもよく聞きますよね。

実はどちらも正しいのです。
どちらも正しいのですが、症状によって冷やすか温めるかの対応が違うのです。

★冷やす時・・・目が炎症を起こしている場合や充血している場合。
充血は目の血管が炎症を起こしている状態ですので、
その血管の炎症を抑えるには冷やす事が効果的です。

氷水や冷たい水につけ絞ったタオルを、目の周りに置き冷やしましょう。

★温める時・・・目がショボショボしている場合。
目がショボショボするのは目の血管が血行不良になってしまったからです。

水で濡らしたタオルをよく絞りレンジにかけて蒸しタオルを作ります。
700Wのレンジで30秒、500Wのレンジで50秒ほどで出来上がります。
レンジから出した直後はタオルがとても熱くなっているので、ヤケドに注意して
手で持てる程度までタオルを冷ましてから使用して下さい。

充血もしてる上に、目もショボショボするという真逆の症状が同時に出てしまった場合は、
目を冷やす・温めるを交互にして下さい。

疲れ目を軽くみてほおっておくと眼精疲労になり余計に目が辛くなります。
1日中寝ていない限り、目は毎日必ず使うものです。
目を大事にする為にも、疲れ目に対して早めに対処して、
日々を快適に過ごしましょう。(い)



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック