子供に対する指導力を養う
2016年10月18日 (火) | 編集 |
視力トレーニングに取り組むにあたって、子供にいかにやる気を出させる方法はないか。
何か参考になるものはないかと探してみたところ、ありました! 

「ビリギャル」の著者である坪田信貴先生のお言葉。参考になりました。
学問のみならず、心理学の見地からも様々なタイプの生徒にアプローチして、
成果を出されているようです。

私が一番印象に残っている箇所は


”いつも初対面の時のしぐさや反応で生徒の性格を見極め、指導方法を切り替えていきます。
中には正直、僕でもキツいなと思う子はいます。それは初対面の時に、教師を恐れていて
目を合わせない子、そして挨拶をしてくれない子です。
ただ、そういう時はいちいちそれをとがめずに、好意を与え続ける、礼儀を尽くし続けることが
大切です。すると相手(子供)もそれを返してくるようになるからです(これを心理学で 「好意の
返報性」 と呼びます)。
こういうときにけっしてとがめたり、しかったりしてはいけません。そうした子に 「また新たに
自分をしかる大人が現れた」 と思わせてはいけないのです。
だから僕が初対面の時に気をつけているのは、子供に対して、背筋を伸ばして目を合わせて、
しっかり挨拶することなのです。”


大変勉強になりました。言葉だけでなく、態度も大切なのですね。
実践していきたいと思います。


坪田信貴先生の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」 
を参考にさせていただきました。(植)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック