PSVRにおける目への影響は?
2016年11月08日 (火) | 編集 |
先月10月13日より販売が開始されましたPSVR(プレイステーションVR)。

大変な人気商品で販売から売り切れが続出しているそうですね。

ついにテレビゲームもここまで来たか!という感じがしていますが、題名にも書きました通り、「目への影響」はどのようなものなのでしょうか?

小学生くらいのお子さんはプレイしない方がいいんじゃないか?と思い、公式サイトを拝見した所、

「PS VRの対象年齢は12歳以上となります。12歳未満のお子様はVRヘッドセットを使用できません。」

との事。

やはり目の成長がまだ途中なので、使用は控えた方がよさそうです。


では、実際に使用し、ゲームをプレイするであろう大人への目の影響はどうでしょう?

ヘッドセットを装着してのゲームプレイになりますので、画面はすごく近いですね。

目の焦点距離に関しては、公式サイトを見る限りでは調整されているようですが、画面が目の前にあるので、目に強い光が浴びせられるのは間違いないようです。

ですので、ゲームをプレイされる際には、こまめに休憩を取るよう心掛けましょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック