FC2ブログ
雲霧法
2016年11月29日 (火) | 編集 |

雲霧法のトレーニングってご存知ですか?

雲霧法トレーニングとは近視用(凹レンズ)の反対の凸レンズを
装用し、遠方を見て調節機能を引き出すというトレーニングです
原理としてはわざと見づらい状況を作ることで脳がだまされ、
より遠くを見ようと指令を出す
そのことにより、裸眼より効果的な結果が期待できます
※ただ、屈折が強い方に行うと見づらくなりすぎて
目標物をとれえられなくなるため、お勧めできません。

この下の画像は
30代後半の方のトレーニング前と雲霧法で
5分トレーニングを行った後の目の状態です
IMG_4231_20161118121934a2c.jpg
上がトレーニング前(2016.11/16.PM4:27)
下がトレーニング後(2016.11/16.PM4:33)
SPHが近視の進行の度合いです。(後ろのCYLは乱視)
近視は-0.25刻みで数が大きいと進行しているということになります
(乱視も同様です)
トレーニング後は近視が軽くなり状態が良くなっています
これが雲霧法のトレーニングです
もちろん、コンピューターの数値(SPHやCYL)は
光の入り方などにより数値の変動はあります。
ただ、状態は良くなる方が多いので雲霧法が出来る方には
かなりお勧めしたいトレーニングです。(三)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック