FC2ブログ
冬の紫外線は夏より危険!
2017年01月24日 (火) | 編集 |
「雪目(ゆきめ)」という目の病気を聞いたことはありますか?

スキーやスノーボードをやっている方は聞いたことがあるのではないでしょうか。
年末年始、ウインタースポーツをした方も多いと思います。

★雪目とは・・・雪からの日光、紫外線の反射により、角膜の表面が傷つく病気のことです。
一時的にものが見えにくくなったり、激しい痛みなどの症状があらわれます。

では、雪目になったら、どうすればよいのでしょうか。

通常は1~2日程度で治ります。
目に違和感があるようでしたら眼科を受診しましょう。

治療は原則として、目を安静にし、自然治癒を待つということになります。

・目薬の使用
目の炎症を抑えるため、目を潤す点眼薬を使用します。ビタミン配合をしたものがいいでしょう。

・抗生剤の使用
傷ついた角膜がばい菌に感染しないように傷の具合によっては、抗生剤を使用することもあります。

治りかけは長時間光を浴びたりせず、目をしっかり休めて下さいね。

予防の為にサングラスやゴーグルを使用しましょう!(い)


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック