FC2ブログ
3つのポイント
2015年01月30日 (金) | 編集 |
寒い日が続きますが風邪などひいてませんか?
 
今回は会員さんの中学生で視力、屈折(近視の進行の度合い)の状態が

良い子、数十名に質問をしました。

どういうところに普段、気をつけているか?

3つのポイントがありましたのでご紹介いたします。

まず、1つ目は

外出する機会を増やしている。


これは部活(運動系)をしているなども含まれます。

遠くに目を向ける機会が多いので

上がった視力が維持しやすいということと

関係してくるのでしょう。

2つ目は

宿題以外の近業(読書・漫画・イラスト・手元のゲーム・携帯など)

を20分以内にしている。


これも近視は近くを見ることで目の筋肉が収縮して起こるもの

なのであまり長い時間を近くを見てないほうが視力が出やすく、進行も

抑え易いといえます。

3つ目は

自分で目のケアが出来るようになった。

これが一番、難しいことなのですが、大切なのかもしれません。

自分の目の疲れに気付き、休憩や目の体操やソニマック(超音波治療器)を

すぐに行う。疲れが残ると進行するのが近視です。自分の状態に

応じた休憩の仕方や目へのアプローチの方法を知っていると

近視の進行抑制と視力に大きく繋がります。

毎日、少しずつのケアをしていきましょう。(三)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

教育水準の高さと近視の関係
2014年07月22日 (火) | 編集 |
最近、米国眼科学会(AAO)が、教育水準の高さと学校で過ごす時間の長さが、近視の有病率と重症度の増大に関連していることを示した研究を紹介しました。
近視の原因が遺伝要因より、環境要因が上回る可能性を示す初めての集団ベース研究だとか。

視覚障害の主な原因である【近視】は、【網膜剥離】【近視性黄斑変性】【白内障】および【緑内障】の早期発症リスク増大にも関連します。
近年、世界中【近視】は増加しており、世界的な健康、経済問題となっています!

米国では国民の約42%が【近視】だそうで・・
なんとアジア先進国では、80%にまで増加しているのです!

某大学医療センターが【白内障】または【屈折矯正手術】を受けた人を除いた、35~74歳のドイツ人4658人を対象に、【近視の進行】と【教育の関連性】を調査したところ・・

その結果、高校やその他の教育訓練を受けていない人で24%。
高校および専門学校を卒業した人で35%。
大卒で53%が、【近視】だったのです!

教育水準が高く、学校で過ごす時間が多いほど【近視】が増加していたのです・・

さらに、45個の遺伝子マーカーの【近視】の程度と比較すると、その影響は教育水準の影響に比べて非常に小さいということも明らかになりました。

ここ数年、デンマークと、アジアの青少年における調査では、屋外で遊ぶ時間、日光に当たる時間が多いほど、【近視】にならないことが分かっています。

研究者は【近眼増加に歯止めをかけるには、屋外に出る機会を増やすことを推奨する】と述べているそうです。

学校ではなかなか遠くを見つめる機会が作れません・・

天気が良い日は紫外線に気を付けながら、積極的に外に出て、元気に遊べるといいですね!!(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力回復!
2014年07月11日 (金) | 編集 |
先日、会員さんの月1回の視力検査を行いました。
中学1年生の男の子(A君とします) 3ヶ月前、入会時の視力は右0.2 左0.3でした。
眼科では、メガネを勧められましたが、何もせず即メガネということには抵抗があり、回復させたいと入会されました。
それから3ヶ月・・・・センターには毎週1回通いながら、それ以外の日は自宅で毎日訓練を続けています。
その結果、今回の検査で右0.5 左0.6  両目で0.7まで回復しました。
『生活の中で見えてきた実感は?『』と聞くと
(もともと生活の中では、あまり不自由を感じていなかったようですが)『テニスのコーチからここ数ヶ月ですごく上達したと言われたとのこと。お母様から見ていても、動きが速くなり上達しているのが明らか』とのことでした。
A君自身も『確かに球の動きが追いやすくなった』と喜んでいました。
もちろんA君が、テニスの練習を頑張った結果は大きいですし、またそこに視力回復がプラスになったことも、間違いないでしょう
お母様からは、『あの時諦めなくてよかった』と喜びの声を頂き、私も嬉しく思いました。
A君の頑張りとお母様の協力なしには、できないことです。ほんとに頭が下がります。

A君と同じ喜びを、ひとりでも多くの方に体験していただけるよう、センター所員一同、これからも頑張ってまいります。
皆様の視力回復・低下予防そして健康な目でいられますようにと心より願っております。(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ



☆視力低下でのあるある☆
2014年07月04日 (金) | 編集 |
視力低下でのあるある

テレビ見るときいつの間にかすごい近くにいた

目が悪過ぎてメガネが見つけられない

目つき悪いっていわれる

遠くにいる子が誰か、
動きで何と無く分かるようになった(笑)

メガネを外して一日過ごすと、友達に気づかれなかった

視力検査が憂鬱

友達「見て見て何アレ!」
自分「え?ん?何アレっ!(本当は見えない)」

なぜかあんま悪いって思われたくない

笑顔で話したい。
だが、相手の顔が見えないから
強張った笑顔で話してしまうww

温泉とかなにも見えなくて一人じゃ行けない

学校の視力検査で皆に見られながら検査するから、恥ずかしい

免許に眼鏡等って書かれる

視力検査の下の方はだいたい勘

ジェットコースター景色見えねぇぇぇぇ

たまに自分の視力が悪いことをうまく利用する

メガネ(コンタクト)かけた時この世の美しさに感動する

視力をこれ以上下げない方法を知りたい

遠くから友達が「○○ちゃんバイバーイ」
誰・・・?!?!
とりあえず手だけ振っとく

もう域を超えて細めても見えない(三)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ


眼科で処方される目薬・・・
2014年05月16日 (金) | 編集 |
学校の視力検査で引っかかって眼科に行くと、最初に処方されるのが「ミドリンM」という目薬かと思います。
でも、この「ミドリンM」って本当に視力を回復してくれるんでしょうか?
「ミドリンM」ってよく聞きますが、一体なんでしょう。・・・一言でいうと参天製薬が開発した検査用目薬です。
以下は、ミドリンMに関する資料です。

「ミドリンM点眼液0.4%」はトロピカミドを主成分とする調節麻痺・散瞳点眼剤です。(中略)虹彩括約筋及び毛様体筋を完全かつ持続的に弛緩させますが、アトロピンよりも作用発現時間及び持続時間が非常に短い代表的な超短時間作用型の副交感神経遮断薬であり、欧米諸国及び日本において眼科領域の検査薬として汎用されています。(中略)小児に投与する場合には全身の副作用が起こりやすいので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。特に低出生体重児では徐脈、無呼吸等が起こるとの報告があるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
禁忌として「緑内障及び狭隅角や前房が浅いなどの眼圧上昇の素因のある患者」には投与しないようにともあります。

本来は「仮性近視かも?」と診断時にこの「ミドリンM」を処方されます。
実は、仮性近視の時期はほんのわずかで、学校の検査で気づくときには、残念ながら本格的な近視が始まっていることが多いようです。
実際、センターに通われている会員さんの体験談をご紹介します。

昨年の5月、子供が学校からの検査結果をもらってきたときは、本当にショックでした。左右とも0.3前後ということですぐに眼科に行きました。すぐにメガネ・・・と言われましたが少し考えさせてくださいというと、ミドリンの点眼を勧められました。
しかし、1ヶ月経っても良くならず、かえって0.1に落ちてしまったのです。

小学3年の視力検査で右0.8 左1.2。慌てて、眼科に行くと目薬を処方され日常生活に気をつけるようにと言われました。3ヶ月眼科に通いましたが結果は、右0.4に低下しており、もっと下がればメガネをかけてくださいと言われショックを受けました。

この後、センターに通われることになりました。上記の会員さんは、訓練により視力が回復されていますが、
そのときお母様に言われたのが、『もっと早く来ておけばよかったという』後悔の言葉です。
目薬については、眼科医によって考え方も違うため、はじめから処方しない医師もいれば・効果が出なくても処方し続けるなど様々です。
いずれにしても、目薬で安心するのは大変危険です。なぜなら子供の近視は大人の3倍以上のスピードで進行すると言われます。
それでも、早目に対応すれば、視力トレーニングにより低下予防や回復も可能なのです。
お子様の大切な目のために早期発見・早期対策をお願い致します。(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。