FC2ブログ
赤ちゃんと寄り目
2012年01月13日 (金) | 編集 |
『赤ちゃんの目がより目なのでは?』と心配されるご両親も多いかと思いますが、
その大半が仮性内斜視であり、その場合は心配の必要はありません。

東洋人は両目の目頭の間の距離が長く、鼻が低いので、目頭の皮膚が
眼球の一部分を覆っている場合が多いのです。
実際は両目とも正面を向いている正常な位置にありますが、外見上においては、
目の内側の広い目頭の皮膚が目の内側の白目を遮るため、
黒目が内側に入りすぎているように見えてしまいます。
特に赤ちゃんのまぶたは、脂肪が多く、覆われている部分が大人よりも多いので、
余計により目に見えてしまうのです。
それを仮性内斜視と言い、このようなより目は治療の必要はなく、
成長するにつれ(4~5歳頃)鼻筋が通ることで治っていきます。

上記の場合では心配ありませんが、
中には他の要因で斜視を引き起こしている場合もあります。
赤ちゃんの斜視の中で最も多いのが、遠視による内斜視です。

なぜ、遠視はより目になるのか…
近くを見るためには、水晶体を厚くしながら、同時に両目を内側に寄せています。
しかし、遠視の場合は、常に水晶体を厚くするように働いています。
それが両目を内側に寄せる動きに影響し、必要以上に両目を内側に寄せる動きから、
より目になるのです。
より目のまま放置していると、両眼視機能が失われ、片方の目からの情報を
脳が抑制するようになり、片方の目を使おうとしなくなります。
そのため、片眼の視力が低下することがあります。
また、より目の原因が視力障害や目を動かす眼筋の麻痺、腫瘍など
大きな病気が原因の場合もあるので、より目の原因を早く見付けることが必要です。
早い治療によって両眼視機能は回復しやすいので、早期に治療をすることが
大切なのです。(増)


赤ちゃ~1


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



新生児の視力
2011年11月23日 (水) | 編集 |
先日、姉に子供が生まれ現在2ヶ月です。
音には反応しますが、まだ目は見えていない事に大変心配しておりました。
母親は新生児と一日中一緒にいるので小さな変化でも喜んだり、心配になるものですよね。

imagesCAOW4O10.jpg

生まれて間もない段階の新生児は、眼球が小さく、遠視でぼんやり物が見える状態です
☆視力は0.02前後。
★色を感じる能力はあります。

しかし、0.02ですから、見えて数十センチ先のものが見える程度です。
目の焦点は合わないことが多いですが、聴力の方が発達しているので、音のする方を見つめることがあるそうです。
2~3ヶ月程度で頭を少し動かして物を見ようとします。

このように新生児は成長と共に物をみる学習をしながら視力を発達させていきます。

個人差はありますが
1歳で0.3
2歳で0.5
3~6歳で1.0前後

になると言われています。

新生児段階では視力の心配をする必要はありません。
しかし、視機能の発達途中で物を見ようとする働きが、何らかの原因によって、妨げられると弱視になってしまいます。

そのため、3歳を過ても裸眼視力が0.3以下で、どのような矯正を試みても0.4以上の視力が得られない場合、弱視の可能性を疑い視機能の発達が完了する6歳ごろまでに早期対策をとることが重要となってきます。


上記を大まかな目安として考え大切なお子さんの目を守ってあげて下さい。(良)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ


幼稚園児の視力
2011年06月13日 (月) | 編集 |
先日、埼玉県の某市で幼稚園児の視力測定を行ないました。


P6080076.jpg


視力だけでなく、「オートレフラクトメーター」という機械で屈折度も確認しました。


P6080101.jpg


小さなお子さんの場合、通常の視力測定が正確にできないこともあります。



具体的に正視・近視・遠視・乱視などを確認するのが重要です。


P6080132.jpg


更に正確に確認するためには、散瞳剤などを使用するのが良いのですが、


我々はそこまではできませんからね。


P6080094.jpg


そうした中で我々も非常に驚いたのですが、なんと半分くらいのお子さんが


すでに軽い近視が出ていました。


P6080129.jpg


中には、かなり強い近視の子や、


弱視の可能性があるくらい遠視が非常に強いお子さんもいました。


早急にメガネをかけないと弱視が治らなくなる恐れもあります。


本来はもっと早くに発見しておかないといけないのですが、


今回発見されなかったら、最悪の場合来年まで放置されていた可能性を考えると、


まだ良かったのかな?とも思います。


これからも低年齢の視力低下の発見・対策の役に立てるよう続けていきたいと思います。
(トリ)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ