FC2ブログ
ツボ押しで癒しましょう!
2014年04月07日 (月) | 編集 |
読書や勉強、テレビ観賞、パソコン作業の後は、目が疲れがちです。

そこで、今回は疲れ目に効くツボと刺激法をご紹介します
是非、試してみて下さい。


まず、疲れ目に効くツボの位置を確認しましょう

事前に手を清潔にして、下記の1~7の疲れ目に効くツボ
人差し指の腹などで、そっと抑えて確認してみて下さい。
場所によっては、鈍痛を感じるかもしれません。

1 さん竹(さんちく)  まゆ毛の一番内側の所

2 魚腰(ぎょよう)  まゆ毛の真ん中

3 糸竹空(しちくくう)  まゆ毛の一番外側

4 晴明(せいめい)  目頭と鼻の間のくぼみ

5 承泣(しょうきゅう)  瞳の下のくぼみ

6 瞳子りょう(どうしりょう)   目尻から親指1つ分外側

7 太陽(たいよう)  まゆ毛尻と目尻から髪の生え際の間のくぼみ


では、3分で簡単にできるツボ刺激をやってみましょう!!

まず、背筋を伸ばし姿勢を正して、ひと呼吸してください。
①両手の親指を『太陽』にあてて、指を内側に曲げて、
 人差し指の内関節で「さん竹」を8回指圧しましょう。

②次に、もう少し下に移動して、
 人差し指の内関節で「晴明」を8回指圧しましょう。

③そして、親指を下あごにあてて、人差し指と中指をそろえて
 「承泣」をゆっくり8回指圧してください。

④それから、手を浮かせたまま、人差し指の内関節で
 「さん竹」「魚腰」「糸竹空」と内側から外側へ
 ゆっくりなでるように動かします。

⑤今度は、目の下に移動して、人差し指の内関節で
 「晴明」「承泣」「太陽」を内側から外側へ
 ゆっくりなでるように動かします。


注意
※ 指先が目に入らないように気を付けて下さい。
※ 眼球を強く押さないようにして下さい。(増)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



眼精疲労に効くツボ
2013年03月04日 (月) | 編集 |
 皆さんは眼精疲労や肩こりでお悩みではありませんか? 
スマートフォンやPC、ゲームなどで長時間目を酷使すると、目がかすんだり
しょぼしょぼしたり、瞼が痙攣するといった、いわゆる眼精疲労(疲れ目)
の症状が現れます。
さらに症状が進行すると、頭痛やめまい、肩こり、神経症など、体の他の部分にまで
悪影響を与えてしまう危険性もあります。

それらの症状を少しでも和らげる為に、こまめに休息を取るのはもちろんのこと、
目の体操をしたり、時には立ち上がって全身の筋肉を動かすのも良いと思います。
さらに時間があれば、体の各部分のツボを刺激してみるのもオススメです。

無題1
 
◆顔のツボ◆
1太陽   眉尻と目尻の間の中央からやや後ろ
2承泣   目の下のくぼみ
3晴明   目頭
さんちく  眉頭


◆首、肩のツボ◆ 
4風池   後頭部の髪の生え際
5天柱   首筋の両側
6肩井   肩の根元から肩先までの中間点


◆腕のツボ◆ 
7曲池   肘を曲げて出来るしわの終わるところ  
8手三里  曲池から手首の方向へ指2本分あけたところ


◆足裏のツボ◆
目のツボは、人差し指と中指の付け根部分にあります。
左右逆に対応しているので、右目が悪ければ左足を、
左目なら右足を揉むようにしましょう。(ゆ)
無題2


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。