FC2ブログ
低下予防メガネをかけたら
2015年04月14日 (火) | 編集 |
視力回復センタ-でお仕事をするようになってはじめて
自分の目のことを詳しく知りました。
それまでは自分の目のことなんて全く考えたことなんて
ありませんでした。
人間のカラダは奥がとっても深いな~と日々感じています。

私の目は遠視が少しあります。
遠視は近くを見るときも遠くを見るときも疲れやすい目です。
こういう目の人には、勉強メガネという近くの作業のときだけ使う
メガネがあると自分の目の調節力を軽減できるので
目が疲れにくくなるよ。というアドバイスをもらいセンタ-で
自分の目に合った勉強メガネを作って頂きました。

このメガネを使うようになってから、長時間の読書が
疲れずにできるようになったのでとても嬉しいです。

このメガネを作る前は、勉強や読書をしているとすぐに
目がシバシバしてきてしまい眠くなり集中力が全くもちませんでした。

もし私が子供のときからこのメガネを持っていたら、もっと
勉強や読書をするとき集中してできて今よりももう少し
頭が良くなっていたのではないか?
とも思うので後悔がのこりますが・・・。

今通ってきてくれている会員の子供たちに、勉強メガネを
ちゃんと使ってる?ときくと、忘れちゃう。と言う子がしばしば
います。確かに忘れちゃうときもあるかもしれませんが
目の疲れがすごく軽減され、視力低下の予防にはもってこい
なので忘れずに使ってくださいね☆

私も勉強メガネをかけて本をたくさん読みたいなと思います♪
(むら)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

視力回復喜びの声
2013年06月07日 (金) | 編集 |
相模大野の会員さんの視力回復のよろこびの声をご紹介します

兄弟3人でお互いのトレーニングを手伝って、頑張っています

現在も視力を維持、回復されています

 ゆな ちゃん

ゆな写真ブログ

 古澤ゆなグラフブログ
古澤ゆな感想文ブログ


 まゆ ちゃん
まゆ写真ブログ

古澤まゆグラフブログ

茉侑感想文ブログ

 ゆうと くん
ゆうと写真ブログ

古澤兄グラフブログ

古澤兄感想文ブログ


 お母様より
古澤母ブログ

これからも皆さんの視力回復のご指導、低下予防のお手伝いを所員一同努めてまいります(ち)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

よろこびの声
2013年06月03日 (月) | 編集 |
今回は会員さんからの【よろこびの声】をご紹介致します。
福元麻友ちゃん小学3年生

訓練前:右目0.05 →0.2
     :左目0.05→ 0.15
     :両目0.07→ 0.3


麻友ちゃんより
img072_convert_20130529173745.jpg
img073_convert_20130529173831.jpg
お母様より
img071_convert_20130529173612.jpg

近視の進行のスピードがとても速い年齢ではありますが、
ご自宅でお母様のしっかりしたサポートもあり、良く抑えた状態で
回復に向かってきています。
毎日ほぼ欠かさずご自宅のトレーニングとソニマックの使用を行い、
更に目の健康体操や姿勢の改善に努める姿に、私たち指導員も感心するばかりです。
今後も向上心を持って取り組みたいと、ご本人お母様共とても前向きです。
まだまだ、近視が進行し易い年齢ですので、これからも生活改善を含め
トレーニングを頑張っていきましょうね!(増)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。






テレビゲームで視力が低下
2013年02月23日 (土) | 編集 |
今回は、センターに通われていた14歳の男の子の感想をのせます。

TVゲームが好きで、毎日何時間もやっていました。

学校の視力検査でメガネを掛けるように言われ、メガネを掛けるようになりましたが、
その後も今までのようにゲームをしていました。

でもメガネは気になるし、なんだか疲れて嫌でした。
更に視力も落ちました。

でもどうしたら良いのかわかりません。

ある日、友だちが視力回復センターに通っていると聞いたので、行ってみました。

先生には、ゲームも正しいやり方をすれば問題ないと言われたので、やってみることにしました。

訓練をやるようになってからだんだんと見えるようになって、いつもかけていたメガネも
必要なとき以外はかけないでいられるようになり、楽になりました。

ゲームの時間も決めてやっています。

ものが見えるようになって楽しくなりました。

これからも自分の目は自分で大事にしていくように気をつけます。

ありがとうございました。(村)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目標に向かって
2012年11月12日 (月) | 編集 |
今回は資格取得のためにがんばった、がんばっている方を紹介します。

一人目は、昨年、航空自衛隊に合格した社会人。

実は以前自社養成の受験をされましたが、落ちてしまいました。どうしてもパイロットになりたいと

いう夢を捨てきれず、航空自衛隊を受験。

入会時の屈折は-6.0D、視力は0.04。 航空自衛隊の規定は裸眼0.2以上。屈折から考えると

合格は決して優しいものではありませんでした。

仕事をされているので、都合でトレーニングができない日も多々ありました。

そんな中、ご本人の努力と執念で見事に合格し、報告に来てくださいました。

二人目は、現在、航空大学校の受験を目指している大学生。

最初のうちはトレーニングしていても、思うように上手くいかず、落ち込むこともありましたが、最近

自分でも見えてきているのを実感し、来年の受験を目標にがんばっています。

資格でも視力や屈折の規定があるものが多々あります。

 参考までに<一定の視力を要する資格・職業>

目標があり、規定があるのなら、自分で調べ、それに向けて早めに行動しましょう。

早期対策が、可能性を広げてくれることでしょう。

視力・屈折についてご相談があれば、お気軽に当センター、最寄のセンターへご連絡ください。 (森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。