FC2ブログ
メガネの「鼻あて」は鼻の低い日本人が発明した。
2019年02月12日 (火) | 編集 |
メガネフレームの真ん中部分には、2個の小さな「鼻あて」がついている。ここを鼻の両側に当てると、レンズと眼球の間に適切な距離が保たれ、レンズがずり落ちにくくなるのだが、この鼻あて、実は日本人による発明らしい。
メガネが使われるようになったのは13世紀頃のヨーロッパで、当時のメガネは手で持ったり、鼻の上に乗せたりして使うものだった。
日本で最初のメガネは16世紀にやってきたフランシスコザビエルが戦国大名の大内義隆に贈ったものとされる。17世紀初めには国内でも生産され始めた。これらはほとんどが老眼鏡。現代と違い近眼になる人はあまりいなかったらしい。
当時のメガネは、金属やべっこうのフレームの両端に穴を開け、そこに通したひもで耳にかけるタイプだった。だが鼻の低い日本人は、レンズがまつ毛と接触して具合が良くない。そこで、いつしか鼻あてをつけるようになった。現在のメガネの鼻あては金具とプラスチックだが、当時の人も金具だけでは痛かったのか、綿と布でくるむなど、様々な工夫が重ねられていた。
鼻が高かろうが低かろうが、鼻あてがつくとメガネは、ぐっと使いやすくなる。今では、世界中のメガネに鼻あてがついている。

『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(雑学総研/KADOKAWA)を参考にさせていただきました。(o)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

スマホ‥明るさの設定していますか?
2019年02月05日 (火) | 編集 |
今や、小学生でもスマホを持っていると言う人が多い時代。これがゲーム機器所有者となるとさらに割合は増えるのではないでしょうか?

目の黒目の部分を「瞳孔」と言い、光の入り口の作用を果たしています。明るいと感じると、これ以上の光は入らないと小さくなり、この時毛様体筋と言う目の筋肉が緊張し、目が疲れやすい状態になります。(勉強や読書など近くで作業をしている時も同じ状態になります)逆に暗いと感じると、瞳孔は大きくなりもっと光を取り込もうとし、毛様体筋は緩んで目はリラックスしている状態になります。(これは遠くを見ている時と同じ状態です)つまり、明るいより暗い方が目にとって良いのです。
よく「暗い所にいると目が悪くなる」と言う話を耳にしたことがあるかもしれません。これは暗いから目に悪いのではなく、明るい所でなら近づける必要がなく見ることが出来るのに、暗いから近づいてしまう・目つきが悪くなってしまうのが悪いのであって、暗いこと自体は明るすぎるより目にとって負担が少ないのです。

明るすぎる状態は目が疲れやすくなる要因となります。ところが、スマホやタブレット、パソコンやゲーム機器、テレビを含め、画面から強い光が放たれています。特に「ブルーライト」と呼ばれる光が有名ですね。特に目との距離が近いスマホ、手持ちタイプのゲーム機器は要注意です。集中しやすく瞬きが減ってくるとドライアイの原因にもなりやすいです。

そこで、手軽に出来る対策法として、スマホなどの明るさの設定を見直して欲しいと思います。上記の通り、暗い方が目にとって良いので、なるべく暗くしてみましょう。
初期設定のままだと、かなり明るめに設定されている場合が多いので、まずこれを見るのに支障がないくらい暗く(小さく)してみましょう。理想的には0パーセントでもいいくらいです。慣れないうちは暗く感じるかもしれませんが、慣れてくると初期設定や必要以上に明るく設定(100パーセント)だと目が痛いと感じるくらいになっていきます。ただし、暗くしすぎて近づいてしまうのであれば、近づかない程度の明るさにしましょう。目つきも注意です。
スマホだけでなく、テレビやパソコン、タブレットなどたいていの電子機器はこの明るさの設定ができるはずですので、ぜひ見直してみてください。

また、画面に直接ブルーライトカットシールを貼ったり、ブルーライトカットメガネを利用するのも有効的です。
勉強や仕事でどうしても時間が長くなってしまう場合はこちらもぜひ検討してみてください。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




免疫力を高めるさといも 1
2019年01月29日 (火) | 編集 |
原産は熱帯アジアで、日本へは稲より早く、紀元前1世紀ごろに入ってきました。
当時は里芋を葉でくるんで、蒸し焼きにして食べていたと考えられています。
現在では煮っころがしやふくめ煮に代表されるように、家庭料理には欠かせない食材です。

里芋の主成分はでんぷんですが、他のいも類と比較してとくに多いのがカリウムの含有量です。
ビタミンはCを若干含みます。

水分が多いのでほかの芋類に比べてエネルギーが低く、さつま芋や、山芋の半分以下です。

里芋独特のぬめりは、ガラクタンという炭水化物と、タンパク質の結合した粘性物質によるもので、
ガンや、潰瘍の予防に効果があるといわれています。
ガラクタンは免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑制してくれます。

この続きはまた「免疫力を高めるさといも 2」で。(植)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

小学生・高校生の視力過去最低に
2019年01月22日 (火) | 編集 |
日本の小学生および中学生の裸眼視力における1.0未満の割合が、
過去最高になったと、文部科学省が報告しました。

2018年4~6月にかけて実施した全国の幼稚園児から高校生までの健康診断の
結果に基づくデータをまとめた、平成30年度学校保健統計調査速報値によると、
小学生の約34.1%、高校生ではなんと約67.1%が、裸眼視力1.0未満だったとのこと。
中学生は2017年度の数値より若干改善したとはいえ、それでも約56%が
裸眼視力1.0未満となっており、全体的に視力が低下傾向であることに変わりは
ありません。

この結果に対して、文部科学省は専門家の意見として「スマートフォンや
携帯型ゲーム機の画面を眺めて過ごす時間が増えたこと」が影響している
ようだとコメントしています。

ここ数年、親が幼い子どもたちの“お守り“として、スマートフォンやタブレットを
与えてしまうケースが増え、問題として報道されたりもしています。
小学生になればクリスマスや誕生日のプレゼントとして携帯ゲーム機をもらう
子供も増えることでしょう。

しかし、視力低下の原因はもしかするとそれ以外にもあるかもしれません。
たとえば子どもたちが放課後に、屋外で遊べるスペースがなくなっている
ことも影響している可能性もありそうです。
学校が終わってから夕方まで、外でのびのびと遊べる場所があれば、
自然と遠くを見る機会も増えます。
子を持つ親やその上の世代なら、鳥や飛行機、青い空に浮かぶ雲を
見上げながら公園や遊び場を走り回った記憶を持つ人も多いはず。
ところがいまの子供たちは、公園で遊ぶにも様々な制限がかけられて自由に
遊べないことも少なくありません。
学校が終われば毎日塾通いであったり、親が共働きのため預かり保育や
学童保育に向かう子供も多いとされます。
となれば、屋外で過ごす時間は自然と少なくなり、小学生の時期から視力が
低下してしまうということも考えられなくはありません。

ぐらふ


平成30年度学校保健統計調査はこちらから


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


「目の正月」
2019年01月08日 (火) | 編集 |
「月の鏡 小春に見るや 目正月」
これは、松尾芭蕉が24歳のときに詠んだ句です。

「小春」は秋の穏やかな日のことで、小春日和ともいいます。

こんな時期に、鏡のように澄んだ美しい月を見るのは、まるで目の正月のようだ。
そんな気持ちを詠んだ句なのだそうです。

さて、最後の「目正月」という言葉。
皆さん、聞いたことはありますか??

「目正月」とは、美しいものや珍しいものを見て楽しむことを例えた言葉です。

今使うとしたら、「この絶景インスタ映えしそう!」といった感じでしょうか。

日本人にとってお正月といえば、一年に一度の大切な日。
特に昔の人にとっては、特別な一日だったことでしょう。

今年は是非、自然の緑に触れたり、星空や青空を眺めたりして、
「目の正月」を体感してみてはいかがでしょうか。 (い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。